診療時間※▲ 土曜日は午後18:00まで

 
無料メール相談

インプラントについて

皆さん、インプラント診療はご存知ですか?
インプラント診療は歯がなくなった箇所に対する診療です。

歯がなくなった際の診療の選択肢は3つあります。

1つ目はブリッジ

インプラント なくなった歯の部分の機能を回復するために失った歯の隣接する歯を削りかぶせ物をして橋渡しをしてつなげます。
これは接着剤でつけるので取り外しはききません。

利点は…

  • 接着剤で取り付けるため取り外しの必要はない
  • 割と早く口になじみやすい

欠点は…

  • 歯を削る量が多いため神経の生きている歯であればしばらくしみることがある
  • 歯がないところを他の歯が補うので歯に対する負担が大きい
  • 場所によっては固いものに注意して食べなければいけない

2つ目は入れ歯です

無痛治療 失った粘膜の部分に人口の歯がついた歯茎をつけます。
ただしそのままでは動いてしまうので前後の歯に金具をかけて動かないようにします。
取り外しをして毎日洗浄をして使っていきます。

利点は…

  • 歯をほとんど削る必要がないことが多い。

欠点は…

  • なれるまでに訓練が必要である
  • 毎食後外して洗わなければいけない
  • 夜は洗浄剤と共につけておかないといけない
  • 義歯用の洗浄ブラシを使用しないといけない
  • 毎日の管理をしなくてはいけない(なくしやすい)

3つ目はインプラントです

無痛治療 インプラントは歯のないところ、失ったところにチタン合金でできた人口の根を骨の中に埋めて土台とかぶせ物をしたものです。

利点は…

  • 歯の抜けたところに人口の根を植えてかぶせ物をするため、近接した歯を削ることはない
  • 質の高い審美性、機能回復が可能
  • 自分の歯のように物が噛めるため、なじみも早い。
  • 通院回数は少ない

欠点は…

  • 十分な骨がないとインプラントはできない
  • インプラントを骨の中に埋めて安定するまでは数か月かかる
  • 効果に応じた費用がかかる

無痛治療 症例にもよりますがかぶせ物が入るまでに4ヵ月から12ヵ月の時間がかかります。

当院ではCTを撮影してきていただきそれを元に画像診断を行います。実際そのシュミレーション画像は患者様にも見ていただき、お話を進めていきます。

画像診断を行ってからインプラントを行いますので正確な位置や方向を決定することができます。

当院では、インプラント治療術前の診査診断に、CT撮影とコンピュータ解析を行っています。
また手術を安全・正確に行うためにガイデットサージェリーを導入しています。

インプラント治療をご検討の方はまずはお気軽にご相談くださいね。

PageTOP

無料メール相談