診療時間※▲ 土曜日は午後18:00まで

 
無料メール相談

院長紹介

院長:結城 光隆

院長:結城 光隆
略歴
2001年 神奈川歯科大学歯学部卒業
横浜市歯科診療所勤務
川崎市歯科診療所勤務
東京都内歯科診療所勤務
2010年
5月11日
あこや町ゆうきデンタル
クリニック開業


日本歯科放射線学会 歯科放射線優良医
JADSペリオコース修了

歯学医師を志したきっかけ

幼い頃、恐竜と化石が好きでした。
4歳頃、学研の化石のひみつという本にハマり、母方の祖父母に国立科学博物館に連れて行ってもらいました。

三葉虫の化石を買ってもらい、いつか僕も、フタバスズキリュウのような、化石を発掘したいと思っていました。 その夢は、密かに小学校6年生まで抱いていました。

中学生になると、日本の鎌倉時代から、戦国時代の歴史にどっぷりハマりました。

他には、中国の三国志〔吉川英治〕や敦煌〔井上靖〕も好きでした。その時の夢は、史学博士になることでした。

このことを両親に話すと、それは「趣味としてやりなさい!手に職をつけて資格を持った方がいい。」と強く言われました。

全く納得はいかなかったのですが、また頭に浮かんだのが、父の職業である獣医でした。
ただ、飼っていた生き物が死ぬたびに、とてもつらく悲しい思いをしたので、獣医は耐えられないと思いました。

そして、自分なりに考え、出た答えがしがくはしがくでも、歯学ってどうなんだろうと考えました。ギャグのような発想ですが、叔父が歯科医師だったため今思えば頭に浮かんだような気がします。

たまに治療に行った時、叔父の歯科医院のスタッフがとても優しく接してくれていたので、歯科医院には良いイメージがありました。

高校生の時は、史学か歯学で悩みましたが、母親の「あなたは両利きで本当に手が器用だよね」と昔から言われていたのが歯学を選ぶきっかけとなりました。

母への想いと私の使命

2011年2月、私は母を病気でなくしました。
私の母は真面目で頭の良い人でした。開業のこの場所を探してくれたのが母でした。

歯が悪かった母が、僕に治療をして欲しいと望んでいました。

山形で開業したし、治療してあげられると思っていたのですが、それを果たすことはできませんでした。

しかし、その事がさらに真剣に歯科医療に取り組む原動力となっています。

歯科医師として、母親にしてあげられなかった分、当院にいらしていただいた患者様に対して、少しでもお悩みや不自由さの解決のお手伝いができればと思っております。

PageTOP

無料メール相談