診療時間※▲ 土曜日は午後18:00まで

 
無料メール相談

副院長紹介

副院長:結城 彩

副院長:結城 彩
略歴
山形県立長井高等学校卒業
2000年 日本歯科大学新潟歯学部卒業
東京医科歯科大学研修医修了
東京都内歯科診療所勤務
2010年
5月11日
あこや町ゆうきデンタル
クリニック開業
患者様へ こんにちは。
あこや町ゆうきデンタルクリニック副院長の
結城彩です。

当院では、多くの患者様が安心して治療を受けられるように、カウンセリング中心の診療をしております。

治療に当たり、ご不明な点などがあれば随時ご相談ください。

お子様の治療は私が担当をしております。
優しく丁寧な治療をいたしますのでお気軽にご来院くださいね。

よろしくお願いいたします。

幼少期から小学校時代

私は三姉妹の長女で、人見知りの恥ずかしがり屋な子供でした。
小学校時代は、剣道とスキーのスポーツ少年団に入っていました。

剣道の練習は好きでした。
試合では、相手に防具以外のところを竹刀で打たれるのが痛くて、早く終わらせたい一心で勝ち進んでしまう結果が多かったです。

中学・高校時代

中学に上がると、竹刀をラケットにかえ、軟式テニス部に入部しました。
剣道は試合の痛みが嫌になってしまい、おしゃれなテニスをやってみましたが、全くセンスがなく、練習しても練習しても、試合では全く勝てませんでした。

ただ練習は好きでした。
ペアだった友達には、申し訳ないといつも感じていました。

高校では、ラケットはラケットでもバドミントンはどうだろうか?と思い、入部しましたが、やはり全くセンスがなく、中学の二の舞いとなってしまいました。

歯科医を志すきっかけ

私の父は歯科医でしたので、とても身近な職業でした。
ただ英語が好きでしたから、将来は外交官や通訳など、世界をまたにかける仕事を思い描いていました。

高校2年の頃、進路を決める時期に、学校の歯科検診ではむし歯はなかったはずなのに、ある夜突然涙が出るくらい、歯が痛くなりました。

父が見るに見かねて診療をしてくれることになりました。
右下の6歳臼歯と言われる歯の溝から、見た目は全く穴はあいてはいないが、歯の中で神経にまで及ぶむし歯ができているという診断でした。

早速治療してもらうと、あんなに痛かった歯が全く痛みがなくなり、「なんて父はすごいんだろう!」と心から思い、素晴らしい職業に父は携わっているんだと、誇りにさえ感じました。

実は三姉妹の長女なので、親以外の周囲の方々から「将来は歯医者になって跡を継ぐんだべ」と言われるのが嫌で、最も敬遠していた職業でした。

あこや町ゆうきデンタルクリニック開業

平成22年5月11日オープン。
実はその1週間前頃、妊娠がわかり、嬉しいやら、どうなるんだろうという不安いっぱいで迎えた日でもありました。

診療していると、スタッフから「彩先生、血が出ています」と言われました。
びっくりするくらいの流血で、スタッフに励まされながら、すぐかかりつけの医院へ向かいました。

なんとか無事で、そのわが子は今現在もすくすくと成長中です。
子育てと仕事の両立はうまくいかないこともありますが、楽しみながら働いています。
心強いスタッフと家族、両親、妹達に支えられ、心から感謝しています。

地域の皆様に、お口の健康を通して、豊かな人生をサポートできるよう、貢献していく所存です。

これからも、あこや町ゆうきデンタルクリニックをよろしくお願いいたします。

PageTOP

無料メール相談