診療時間※▲ 土曜日は午後18:00まで

 
無料メール相談

どうして定期的に通わなくてはいけないの?

定期検診 と、たまに患者様に聞かれます。

歯ブラシを一生懸命行っている方でも、磨けていない場合はたくさんあります。

そうすると、少しずつですが、プラーク(歯垢)が蓄積し、虫歯が大きくなったり、歯垢がプラーク(歯石)になり、歯ぐきの炎症を誘発して、歯周病にまでなってしまう場合もあります。

虫歯や歯周病でなくとも、強い歯ぎしりなどで、必要以上に歯が減ってしまう場合もあります。歯ぎしりと歯周病があわさり、あっという間に歯がぐらぐらになる方もいます。

知覚過敏だと思っていたところが、実は虫歯で歯の神経をとらなければいけない状態になってしまっている場合もあります。

定期検診 定期的に検査、チェックをして、クリーニングをしたり、傷んだ歯のメンテナンスをしたり、普段行っているブラッシングの確認をすることが、歯を長持ちさせるためにとても大切なことです。

小さい虫歯で、歯を削ることは、ほとんどありません。

管理の仕方がうまくいかないと、歯を溶かしやすい悪い環境になってしまって、虫歯が大きくなってしまうこともあるので、定期的なチェックをしたほうが早期発見、早期処置につながると思います。

PageTOP

無料メール相談