診療時間※▲ 土曜日は午後18:00まで

 
無料メール相談

小児歯科

小児歯科 小さい頃から歯を大切にするのは非常に重要です。小児歯科は健康な永久歯列を目指すための今できる”大切な考え方”です。

幼児期の頃の生活習慣は将来改善するのが難しいのでできるだけ早い時期に間食の仕方やブラッシング法を身につけることが必要です。小さい頃の習慣がその後の人生に大きな影響を及ぼします。

乳歯には永久歯の生えるスペースを確保する役割があります。
よく噛むことは心身の発育に多く関わってきます。

小さい頃からのケアが将来を変えます。
今できることを始めましょう。

キッズスペース

小児歯科 アンパンマンやミッフィーのマットを置いています。やわらかい素材でできている積み木やおうちがあり、その中で絵本を読んだり、おもちゃで遊んだりできます。

「楽しい!」とお子様には人気のスペースです。

フッ素塗布

フッ素には歯垢(プラーク)の活動を抑える働きがあります。
それだけでなく

  • プラークによる酸の産生を抑える
  • 再石灰化の促進を行う
  • 葉質を強化して、酸に溶けにくい歯にする

といった利点があります。
これらは全てむし歯予防につながります。

痛くない治療ですので定期的にフッ素塗布をするのをおすすめいます。

良く質問のある内容を掲載いたします

治療は痛くない?子供が痛いのが嫌いなのだけど…

小児歯科 ひどいむし歯の場合には大人と同様、注射の針を指す前に、歯肉に麻酔のクリームを塗ります。表面を麻酔した後に麻酔注射をいたしますので、痛みを感じにくい出す。

注射は極細の針を使用しており、麻酔液は体温に近づけた温度にしているので、違和感なく注射を受けられます。人の力で注射をすると一定にならない時もあるため、当院ではコンピューター制御コードレス電動麻酔注射器を使用しています。

根気強く、トレーニングしてから治療は行いますので、時間が経てば、泣かないで治療ができるようになります。

ただし、お父様、お母様のご都合もあるでしょうから、なるべくすぐ終わらせたいという方にはご相談に乗りますので、お気軽にお話くださいね。

削らない治療はできるのですか?

当院では、むし歯になりかかっている奥歯の細かい溝に、プラスチックのような樹脂でコーティングをし、むし歯になりにくい歯にする治療を行っております。この処置をすることで、むし歯が進行しにくくなり、削らず治療ができます。

この治療を「シーラント」といいます。
シーラント剤に含まれるフッ化物により、歯の再石灰化を促進し、むし歯の予防効果が増加していきます。

シーラントは、お子様の食事内容などにより、とれることもありますので、接着後は定期的に診療にきてくださいね。

PageTOP

無料メール相談