診療時間※▲ 土曜日は午後18:00まで

 
無料メール相談

レーザー治療

山形市のあこや町ゆうきデンタルクリニックでは治療に有効なEr’YAG(エルビーエムヤグ)レーザーを導入しました。

  • 深いむし歯をなるべくきれいに、消毒効果を保ちながら除去したい
  • 歯の表面にある歯石をとる際に、なるべく歯を傷つけないでとりたい
  • 歯ぐきの腫れを減らしたい

レーザー治療 そんな想いからこのレーザー治療を導入することにいたしました。

機械は自体は非常に高価なものではなりますが、患者様の歯を守るため、当院では取り入れております。

レーザー治療

レーザー治療ではばい菌を殺しながらむし歯をとっていきます。
切削機をつかっていないため、治療道具自体に菌がつくことはありません
また、レーザーを出すことで先端のコンタクトチップが消毒されながら治療を続けている状態が保てます。治療でレーザーを照射している箇所に関しては非常に清潔な治療が行えています。切削器具で削るよりも断然きれいな状態で治療ができるのです。

また神経の近くの深いむし歯をとるときも非常に有効です。
根面が露出した見えるところの歯石をとるのにレーザー治療はとても便利です。
根面を傷つけずに歯石をとることができます。歯石をとる器具では歯の表面を傷つけてしまいますが、レーザー治療では歯を傷つけることが非常に少ないです。

また種類の異なる炭酸ガスレーザーでは根面を焦がしてしまいますが、LBMヤグレーザーではそのようなことがないため、根面の歯石をとることに向いたレーザーと言えます。

そのほかの効果として

メタルタトゥー除去

レーザー治療 メタルタトゥーとはかぶせ物をかぶせる際、金属の土台を削った場合に発生します。
歯肉が傷ついて、その箇所に土台の粉が付着し、歯ぐき内に金属が取り込まれてしまうことがあります。その後、歯ぐきの中に取り込まれた金属は黒くなってしまいます。
この黒くなる症状が入れ墨に近いことからメタルタトゥーと言われています。
レーザー治療ではこのメタルタトゥーをとることが可能です

歯周病予防

歯周ポケットの中にレーザーを照射することで歯周病ポケット内の洗浄、消毒ができます。

炎症治療

炎症のある歯肉にレーザーを照射することで表面の殺菌、消炎、治癒促進効果を得ることができます。

小帯切除

レーザー治療 口の中で唇とつながっている小帯が長すぎる場合にこの小帯にて切除し、適正な長さに調整することが可能です。

膿瘍切開

メスを使わずにレーザーを照射することで膿を切開することが可能です。
利点としては他のレーザーと比べると治りが早いのがEr’YAG(エルビーエムヤグ)レーザーの特徴です。

フィステル処置

フィステルというのは歯ぐき内の“膿の出口”のことを指します。瘻孔(ろうこう)ともいいます。
レーザー照射は膿が出てくる管の内壁を消毒します。治療によっては膿の出口が小さいものであればそのままなくなってしまう場合もあります。

PageTOP

無料メール相談