診療時間※▲ 土曜日は午後18:00まで

 
無料メール相談

マタニティー歯科

女性歯科医師によるマタニティー歯科

小児歯科 実は赤ちゃんがお腹の中にいる時から歯が形成されているのはご存知ですか?

当院ではマタニティー歯科を行っております。
妊婦さんのお腹の中では、妊娠7週くらいから歯の組織もつくられ始めて、10週になると乳歯がほぼ生えてきます。
また14週くらいからは、永久歯の形成も始まるとされています。

その後、母体と胎児がつながる4~5ヶ月くらいから歯の石灰化が始まるのです。

早くて妊娠7週くらいからは、お母さんは赤ちゃんの歯の発生に十分な栄養を補給し、健康な生活を心がけていく必要があるのです。

お母さんご自身の健康管理もとても大切ですね。

副院長:結城 彩

小児歯科 こんにちは。副院長・歯科医師の結城彩です。

当院では、多くの患者様が安心して治療を受けられるように、カウンセリング中心の診療をしております。 優しく丁寧な治療をいたしますのでお気軽にご来院くださいね。

普段とは違う口腔内環境

小児歯科妊娠中の口腔内環境はいつもと違います。

妊娠中は食べるものが変わったり、つわりが起きるなどの影響で、口腔ケアが普段と同じように行えないことが多くあります。

さらに、お腹が膨らむなどの身体の変化・女性ホルモンバランスの変化に伴い、普段よりも気をつけなくてはいけないお口の病気があります。

それが「妊娠性歯周炎」です。

「妊娠性歯周炎」とは?

妊娠性周囲炎とは、歯周病と同じ症状を引き起こすお口のトラブルなのです。
歯ぐきからの出血や腫れなどが症状となります。

また、妊娠性歯周炎になると、歯周病菌が出す悪性の物質が子宮の収縮を促し、早産や低体重児出産を引き起こすことがあります。

だいたい妊娠5週目から20週くらいの間で発生可能性が高くなります。
普段よりもお口のケアが上手にできない時期でもあるため、できるだけ早めに当院に来て頂き、
トラブルを未然に防ぐ対策を立てておく必要があります。

マタニティー歯科って何?

マタニティ歯科とは、妊娠中のお母さん特有の症状や身体の変化に合わせた治療を行う診療のことです。

山形市のあこや町ゆうきデンタルクリニックでは、妊婦さんの状態に合わせて負担のかからない配慮をした歯科治療を行います。

妊娠中は歯科治療を受けられないと思っている方もいらっしゃるようですが、そんなことはありませんよ。
むしろ来ていただいた方がいいです。

緊急時には、相応の治療を行ったほうがよいケースもあります。
当クリニックでは、できるだけ母体への負担・不安の少ない治療をご提案いたします。
受診される際は、ご予約の時点で妊娠していることをお伝えください。

妊娠周期と歯科治療

妊娠初期(1~4ヶ月) つわりで治療が受けにくい状態といえます。できるだけ治療は控えます。
妊娠中期(5~7ヶ月) 安定期と呼ばれる時期。
歯科治療にはこの時期が最適です。一般的な治療なら、どれも問題なく行えます。
妊娠後期(8ヶ月以降) 臨月はいつ陣痛が起こってもおかしくない時期ですから、できるだけ治療は控えます。
  • あこや町ゆうきデンタルクリニックでは、緊急時には、どの妊娠周期であっても適切に対応いたします。

いつでもご相談下さい!

小児歯科妊娠中はいつものようなデンタルケアが十分に行えないかもしれませんが、工夫次第で、清潔に保つことは可能です。

まずは一度当院にご相談をいただいてどのように治療をしていくかをアドバイスできればと考えております。
ご連絡お待ちしております。

PageTOP

無料メール相談