診療時間※▲ 土曜日は午後18:00まで

 
無料メール相談

審美歯科

審美歯科 「笑顔で写真にうつりたい…」
「自然な歯でいつづけたい…」


と考えている方は多いです。

歯は常にあるものなので失って初めて本来ある歯の大切さを知る方は多いです。

自分の前歯が銀歯だったらどう思いますか?

歯の治療の目的は、「病気になっている部分を治す」だけでなく、「より快適で美しい歯にする」を維持するというところまで来ています。

歯は白く、美しい歯並びにしたいという方が年々増えております。

歯科治療は機能だけでなく見た目の美しさと満足感を得られるものです。
クオリティオブライフに大きく貢献すると言っても過言ではありません。

各種治療、種類に関してはドクターまでご確認ください。

メタルフリー治療に関して

メタルフリー治療とは、金属を使わないで詰め物やかぶせものをする治療のことです。

メタル治療の危険性は?

メタルフリー治療 金属の問題といえば、腐食(溶ける)します。

腐食することによって、毎日金属を体内に蓄積させていく可能性があります。

そして、金属のさびが歯にしみ込み、歯自体が黒くなることもあります。

かぶせ物によっては、歯と歯茎の付け根が金属のさびによって黒くなります。そのさびが歯茎に残ってしまうと、歯ぐきが黒い状態が一生続いてしまいます。

そうなった場合には、白いセラミックのかぶせ物でも色が消せません。
もちろん被せる場所によっては気にならない場所もあります。

金属アレルギーについて

アレルギーでいうと、4型に分類されています。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
メタルフリー治療
口腔扁平苔癬(へんぺいたいせん)
メタルフリー治療
アトピー性皮膚炎
エリテマトーデス
メタルフリー治療

歯科用などの金属がさびて溶け出し、ある一定の誘発量に達すると、皮膚などで症状が発生します。金属に対しての上記のような接触性皮膚炎(触れた部分が赤くただれてしまう症状)が発症することもあります。

今までの治療とこれからの治療

以前、虫歯の詰め物というと、アマルガムという金属が主流でしたが、現在はコンポジットレジンといったプラスチックや樹脂のような詰め物に置き換わっています。

コンポジットレジンは基本的に強度の問題はないのですが、咬み方や、詰める部分によってはかけやすいという特徴があります。そして、吸水性があるため、少しずつですが、詰め物自体が水を吸ってしまいます。そのため、長期間使用し続けると変色をし、臭いがついてしまうという状態になります。
(※自費CRで使用される材料の質は異なるため、上記リスクは少ないです。)

保険適用にはなっていませんが、現在はセラミックの詰め物が強度の面で解決され、詰め物としては理想的な材料となっています。

私が学生時代の頃は、セラミックの詰め物は見た目は良いが、割れやすいのでダメだと言われ、セラミックのかぶせ物もおすすめできませんでした。

現在では、強度の面でも問題ないセラミック(e-max)が普及しており、以前よりも歯を削る量が少なくかぶせられます。

そのほか、ジルコニアという鉱石を専用の機械で切削し、かぶせ物をつくることができるようになりました。強度の面では十分なのですが、色調(色味)に問題が出ることもしばしばあります。

しかし、ジルコニアをかぶせ物のフレームとして活用し、その上にセラミックを載せたオールセラミック(ジルコニアレイアリング)にいたっては、強度も見た目も完成されたかぶせ物となっております。

金属のない白い歯を目指して、治療されたい方はぜひご相談ください。

PageTOP

無料メール相談